FC2ブログ

スポンサーサイト

Posted by シシィ on --.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NeXT(2005 亜爾然丁)★

Posted by シシィ on 28.2015 0 コメント 0 トラックバック
監督 セルジオ・エスケナジ
出演 アンドレアス・バグ

妻に逃げられてひきこもりになったマーティンはある日電話中、見知らぬ男女の会話を盗み聞く。娼婦と客の交渉中の会話が混線していたのだ。しかしその後、その娼婦が殺される事件が起きる。マーティンが聞いたのは殺人者が犠牲者を探す電話だった
NeXT [DVD]

ジャケがまんま「SAW」です
TSUTAYAとかで「SAW」ジャケぱくり系特集でもしてもらいたい気持ちに

あまり馴染みのないアルゼンチン作品
ほこりっぽい町並みや出てくる俳優もなんかも欧米勢とはまったく違って、古ーい映画観てるような気がしてきます
ところでアルゼンチンって漢字一文字で表すのはどの字なんだろう・・・

怖い場面が無かったとは言わない
ただ途中でシナリオ替えたのかな??
なんというかこの手の映画が出回るようになったら、映画自体終わるな・・・という感想

観客の想像を裏切る為に、かなりあくどいというかあこぎというかひどいルール違反をしている
これで監督が観客の予想を裏切ったと悦に入ってしまっていたとしたらお前はもう映画撮るなと言いたくなるかも

でも個人的に出だしからラストへの超ロングパスは好きだし、権力闘争とかまったく無しのエリートの堕ち様(というか、ニートになるのだが)を描いていて、これでもかと主人公のダメぶり披露には感心しました
ちょっと退屈してきた時に挟まれる友人の衝撃の行動や、人の後つけて車にはねられ朝まで倒れてるとか、まず普通の話の展開では考えられないエピソードが満載なのでそういう方向から見るととても笑える映画です!!!

史上まれに見るびびりの主人公!
どんだけ腰抜かしてるんだよ!!っと突っ込みたくなる映画なので、普段チキンで自分より怖がりな男を捜してる人なんかにオススメしてもいいかもしれない作品
ただ上記したようにかなり反則技を使っているので、鑑賞するには広い心が必要になります
スポンサーサイト
Category : 映画

キャビン(2012 米)★★★

Posted by シシィ on 21.2015 0 コメント 0 トラックバック
山奥の別荘に遊びにきた大学生5人組。期待はずれの冴えない山小屋に落胆しつつもバカンスを楽しむが、地下室で古びた日記を手にした時から惨劇の時があける

キャビン [DVD]キャビン [DVD]
(2013/09/03)
クリステン・コノリー、クリス・ヘムズワース 他

商品詳細を見る

テンポもアイデアもいいし及第点以上はとれることは間違いありません
とりあえずホラーになじみがない人にとっては「まあ面白かったかも?」な感じで楽しめるものだと思います
が!!!!
B級ホラー中毒の人間にとってはまったく特別なホラー万歳三唱な作品なのでした!

B級ホラーというものは玉石混交で、良質なものから劣悪なものまで、それは大量に出回っています
中毒ともなれば、清濁併せ呑む状況に陥り膨大な量を消化する中でテンプレというものがわかってきます
グルメよろしく鑑賞しながら「この演出はどの作品でみた」とか、「ここは○○のオマージュだな」とか、「ここで登場人物がこの行動をすると何が起こる」とか口をついて出るようになれば、あなたも立派な中毒者

そして当然製作側はB級ホラーを愛しているからこそ作品を作るわけで、私情を挟んで自分の好きなホラーシーンを息をするように取り入れた結果、定番の「お約束」のようなものが出来上がるのもいたしかたないものだと思います
そして、そこに出来るのはB級ホラーを愛するもの同士、撮る側と観る側の垣根が非常に低く愛がなければわからない「お約束」
そんなものをこのジャンルは踏襲し続け、様式美として確立してきました

つまるところかなり斬新なアイデアでもなければ抜きん出ることはなく、そのテンプレにはめ込むことである一定のホラーとしての出来が約束されるという大変つまらない側面も持っています

この作品はそんな「お約束」、雛形を逆手に取り、ホラー映画の設定における共通点をおさえながら通常とは違う展開をしていきます
ネタバレしないと何も書いていけないので、とりあえず見てない人はここまででお引取り下さい
パッと見、使い古された学生がバカンスに興じるシチュエーション
不気味な霧やチープでテンプレなホラー演出
よくあるB級の定番な流れ
でもそれは全て仕組まれ、計算の上で集められ、若者が遭遇する怪異すらある組織によるもので、使い古された設定の裏を暴いてみたらキャビンの世界が鎮座している
つまりは世に出ているB級ホラー作品は、すべてこの「キャビン」の前座として起きたものであると匂わすことによりB級ホラーというジャンルそのものを掌握し、ホラーの最終章に位置付けすることに成功した稀有な例となったのです

膨大なB級作品の中で繰り広げられる叫びも恐怖も大量の血液も、ただひとつのものに捧げられたもの
そしてその捧げられる対象となる「古きもの」すら絶望と狂気を愛するクトゥルフ神話の「お約束」
観ていて君らホントにクトゥルフ好きだなとつぶやいたのは私だけではないはずです

そんなお約束祭りの中、あれもそれもこれもどれも、どこかで見た怪異達がエレベーターから飛び出して荒れ狂いまくるなんて、素敵すぎる!
何このモンスターデパート!
エレベーターの「チーン」と響く音のシュールさとあいまって笑いが止まりません!
どの怪物がどの映画のアレとかコレとか考えるのも面白いけど雪崩のようなモンスターパニックにただただ笑え!
素晴らしきB級ホラー賛歌でありました

「死霊のはらわた」から「ハンガー・ゲーム」までいろんな作品を網羅した、まさにホラー中毒者に捧げられるべき一品

ちなみに日本での捧げモノは幼女みたいで、これまた「お約束」
「どんぐりころころ」もいいけど、そこは「かごめ」がいいと思うよ、うん
Category : 映画
HOME 

目次

最新記事

評価は★で3段階
★★★…とてもとても気に入って、
    何度も観たいよ!!
    肩を揺さぶってこの良さを
    語りたいよ!
 ★★…いい作品。でも最高ー!って
    叫んで駆け出したくなるほどでは
    ないよ
  ★…まあ良かったかも?観て後悔は
    しないと思うかも?
星ナシ…時間の無駄、いやむしろお金
    もらわないと割に
    合わないんじゃ?いやいや
    待ってそんな作品中々ないから
    やっぱり見てもいいのかもよ?
西暦は作品が発表された年になっています
日本での公開年ではありませんのでお気を付けください

カテゴリ

プロフィール

シシィ

Author:シシィ
B級ホラー映画とかネトゲとか
ジャパレゲとかゴスメタが好き
あとインコが好き

月別アーカイブ

最新コメント

カウンター

LINK

まいぺーす
るみちゃんののんびりブログ

つぶやき

お気軽にフォロー下さい(o'v'o)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

検索フォーム

ぐりむす

ブログで苗を育てて大木になると
現実に1本植林されるブログパーツ

終日終夜名義で現在4本モンゴルに
植林されています

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

Copyright © 終日終夜 ヒモスガラヨモスガラ All Rights Reserved.
Template by:MysticDiary
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。