FC2ブログ

スポンサーサイト

Posted by シシィ on --.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウォーキングデッド1-2

Posted by シシィ on 24.2015 0 コメント 0 トラックバック
シーズン2までをやっと鑑賞
「LOST」が終わっちゃったので、アメドラ枠?に次は何を見ようと悩んだのですが折も折、そこには歩く死人「ウォーキングデッド」があったのでした!

Walking Dead: Season 2 [DVD] [Import]Walking Dead: Season 2 [DVD] [Import]
(2012/08/28)
Andrew Lincoln、Jon Bernthal 他

商品詳細を見る


シーズン1はゾンビ映画の上映時間を長くした感じ
ゾンビは臓物を口に運ぶフリなのが見てわかるし、ちょっとチープ感がありましたが主人公が生存者と出会い別れ、それぞれの価値観や選択もあって悪くありませんでした
ラストがちょっと強引でしたが、それでもいいエピソードやワクワクする場面もあったし前評判ほどでは無いにしろゾンビ物としては充分楽しめました
丁寧に作ってあって、従来のゾンビ映画では長さが物足りない人にはホントにオススメです

それがシーズン2に入ると途端に身勝手な人達が勝手なことをして回りを巻き込んで危機に陥るの繰り返しで、なんというかイライラさせっぱなしに・・・
子供も大人も誰も彼もが考え無しに行動して「うかつな人達が行き当たりばったり思いついたことをする物語」と、サブタイをつけたいぐらいです
後半になるにつれキャラの性格がぶれすぎで設定どうしたと言う感じ

なにかを解決する時の選択がすべてまずいのも、もう疲弊しきっているからでしょうか?
途中でギャングの下っ端を捕まえるのですがその対処も農場の場所がバレてるから殺そうとか、元々他人同士が寄せあつまった人を殺したくない集団なのに何故突然そんなこと言い出すのか?
そもそも殺す殺さないで揉めてグループが壊れるなら、誰かが下っ端君にこっそりゾンビの血でもついたナイフで浅く切りつけるなり、ゾンビにまみれた水でも浴びせてゾンビ化させれば採決しないで良かったんだよ!!
あの世界でグループを守りたいと言うならその程度の悪行に手を染めてもしょうがないんじゃないの?と思うんだけどね

登場人物みんな自分の行動を棚に上げて人を批判するのが本当に不愉快でした
特に主人公の奥さんのローリーは元々オープニングの写真の顔が(特にパッチリ見せようと見開いた目が!)怖くて嫌いだったのに、中身まで嫌いに…
親友のシェーンは主人公の鏡、影として良くやっていたし、いい対比になって物語をひっぱっていたと思うんですがローリーによってどんどん暗黒面に落ちていってかわいそう
ラストで主人公が結構独裁者っぽく描かれるのですが、シェーンが受け持ってくれていた負の部分を自分で背負った結果ともいえるのかな
自分ではなにもしないでさんざん文句を言って「じゃあ、自分でやれよ」と言われると黙ってしまう人達
本当にいらつきました!

アメドラではよくあることなのですがプロデューサーが変わって作品の方向も変更になったりするので、シーズン1との作風の違いは、製作現場のボスであるショーランナーが2で変更になった影響もあるのかも知れません
きっとドロドロしたドラマが好きな人ならすごく楽しめるんだと思うのですが、そういうのを見慣れてないので余計とっつきにくかったのかも?
ソープオペラが好きな人にはとっても面白く出来ていると思います

7話の「死の定義」では衝撃と、これぞゾンビ物としか言えない醍醐味がありましたし、前半のダリルのエピソードは群を抜いてよかったです
影の主人公はダリルだった!
こう不器用な不良が慣れない優しさを見せる鉄板ストーリー!!(の割に相手役の女性がちょっと恩知らずで腹が立つのですが・・・)
後、ゾンビの一部が臓物を食べるフリが上手になってました!

この世界のゾンビはすごい群れるのですがそれが特色なのかな?
一体も見かけない時はほとんど平和で、でも一体出てくるとすごい量で襲ってきます
音についていくみたいな描写があったのですが、それだとヘリで誘導して崖なり落とし穴に落とすとかが最終殲滅方法なんでしょうか?

シーズン2を見終わって、3を観るかと問われると「もういいや」とも言いたいのですが、きっとダリルにつられて観ちゃうんだろうなと思います
ドロドロが少なくなってるといいな
スポンサーサイト
Category : 映画

グレイブ・エンカウンターズ2(2010 加)★★

Posted by シシィ on 22.2015 0 コメント 0 トラックバック
監督 ザ・ヴィシャス・ブラザーズ
出演 リチャード・ハーモン

映画として上映された「グレイブ・エンカウンターズ」は例外にもれず映画ファンから色々な評価を受けていた。映像作家を目指す学生のアレックスも勝手な個人の感想をネット上にUPしていた1人だが、アレックスのもとに「グレイブ・エンカウンターズ」について「死の番人」と名乗る人物からメールが届くようになる
メールには映画には無いシーンや、出演者の実家の電話番号、数字の羅列などが添えられ、調べていくうちに映画「グレイブ・エンカウンターズ」の秘密に近づいていく

グレイヴ・エンカウンターズ2【DVD】グレイヴ・エンカウンターズ2【DVD】
(2013/04/03)
リチャード・ハーモン、リアン・ラップ 他

商品詳細を見る


とかく映画において「2」がつくものは劣化やダメになる傾向があるのですが、なんと「グレイブ・エンカウンターズ2」はとても面白くなっていたのでした!
しかも「2」のお陰か自分の中にある「1」自体の評価も底上げに!!
ちょっと珍しい現象な訳ですがPOV方式で「1」が撮られたからこそ出来た仕掛けで、「2」で「グレイブ・エンカウンターズ」が事実か否かを追うドキュメンタリーにしたのは良い試みだったと思います

「1」での不明だったところもすっきり
何故あんな力技怪奇現象になっているかも私なりには納得できたので満足ですが、ただこれが怖いかどうかと聞かれるとまったく怖さはありません
相変わらずのドッカン、バッコンな一本調子な恐怖演出で、評価できるのは恐怖ではなくそのシナリオとアイデアなのである

「2」で舞台背景を描き、物語として成立したお陰で「グレイブ・エンカウンターズ」は臨場感勝負のモキュメンタリーからB級ホラーになったのだ
リアルな恐怖体験を求める人にとっては臨場感を手放したことによって劣化したと感じるかもしれないけれど、よくあるPOV作品に埋もれていた「1」を補完することにより独立したホラー作品に仕上げたのはすごいことだと思います

視聴者と同じ目線で「グレイブ・エンカウンターズ」を扱ってきた主人公が謎のメールにより当事者になる過程を描いた前半と、「グレイブ・エンカウンターズ」の世界に呑まれた後半
どちらも退屈しないで見れました
私は「1」の感想に「セッション9」を引き合いに出していたのですが「2」ではまったく他の作品を思うこともなく存分にこの世界を楽しみ堪能しました
この作品に心霊的恐怖を求めていたのは間違いであり、描いていたのは人間の欲という恐怖分野だったのだなと視聴後思ったのでした
変な幽霊は小道具でしかなく、いつだって一番怖いのは生きてる人間なんだよね
Category : 映画

グレイヴ・エンカウンターズ(2011 加)★

Posted by シシィ on 21.2015 0 コメント 0 トラックバック
監督 ザ・ヴィシャス・ブラザーズ
出演 ショーン・ロジャーソン

超常現象を追うリアリティ番組「グレイヴ・エンカウンターズ」の5人のスタッフが第6回の取材に訪れたのは凄惨な過去を持つ閉鎖されたコリンウッド精神科病院。ロボトミー手術が横行したその廃病院で76時間にわたり撮影された録画映像を残しスタッフは行方不明に。その映像には信じがたいものが残されていた

グレイヴ・エンカウンターズ【DVD】グレイヴ・エンカウンターズ【DVD】
(2012/10/03)
ショーン・ロジャーソン、アシュレイ・グリスコ 他

商品詳細を見る


「怖すぎる予告編」が、評判を呼び公開前YOU TUBEで2000万回以上再生された「グレイヴ・エンカウンターズ」
予告編で煽りすぎたせいか本編の不評の声も大きいのですが、POV形式のモキュメンタリーで同じ土俵のパラノーマルよりは動きがあって、こちらの方が私の好みでした

とはいえ、アメリカの心霊と日本の心霊には大きな隔たりがあるというか力自慢のお国柄ですので仕方がないといったらそうなのですが、恐怖演出が大変雑!!
例によりびっくりハウス的ドカーン、ドゴーンな感じ
時間がおかしかったり、突然壁や無限回廊が出てきたり、病院服着させられたりやら名前のタグつけられたりと、日本人の心霊観からほど遠い現象が変に水を差しているのがちょっと…

舞台は同じくロボトミー手術を行い廃病院となった北米一恐ろしい廃墟と謳われたダンバース州立精神病院(2007年10月に解体されています)をモデルにしたんだろうなと思われます
作中のそこかしこでダンバースで撮影された私の愛すべき「セッション9」を思い起こさせる作りが見れるので、あの悲劇後の物語なのではと脳内変換していってしまいます

怪異の正体も「セッション9」のサイモンだと言われたら納得してしまいそう…
ラストもおなじみのロボトミー手術が出てきたりと、かぶりまくるので冒頭の病院の説明にでも「セッション9」のストーリーをいれた上で、各所で名前のささやきを入れたら面白さも倍増なのにと、残念な気持ちに
「セッション9」のファンなら2割り増しで楽しめることは間違いないです!

誰もオカルトを信じないままヤラセ超常現象番組を作ってたら本物に会っちゃったよというシンプルな内容ですが廃墟実況を見てると思えばほどほどには面白いかも
個人的にはこの登場人物が作ったとされる劇中劇のTV番組の第1回-第5回を見てみたいなぁ
作中の撮影のうさんくささを考えると事実っぽく作った本作よりヤラセ満載で絶対面白いと思うんだよね!
Category : 映画

セッション9(2001 米)★★★

Posted by シシィ on 21.2015 0 コメント 0 トラックバック
監督 ブラッド・アンダーソン
出演 デビッド・カルーソ

廃墟となった精神病院を改装するためにアスベスト処理の仕事を請け負ったゴードン達。過去の忌まわしい治療の痕跡を残すその場所である患者の記録用の診察テープを見つける。ゴードン達は多重人格者の記録を紐解きながら呪われた場所に侵食されていく

セッション9 [レンタル落ち]セッション9 [レンタル落ち]
(2002/12/20)
デヴィッド・カルーソー、スティーヴン・ジェヴェドン 他

商品詳細を見る

北米1のオカルト・スポット”ダンバース精神病院跡地(現在解体済)”を撮影現場にしたっていうだけでもすごいけど、登場人物が抱えている闇がまたやるせない
アスベクト除去という危険な仕事
ずさんな防塵で確実にアスベクトに蝕まれているだろう体
子供の病気や暗所恐怖症や人生に輝かしい希望を見出せない男達を主役に息苦しさと閉塞感満点のホラーです

いや、すごく面白かったです
でも普通に考えたら時間と金返せ率80%ぐらいでしょうか?
明朗な答えとストーリーを求める人にはまったく向かない作品で、脳内補完系が好きな人にはたまらないという、かなり偏った作品

立ち並ぶ患者の墓や乱暴な治療
当時廊下や地下にまで溢れていた精神病患者
この映画を観る時はそういう過去に現実に存在した人道を踏みにじられた人々を思い浮かべると恐怖が増します
特にロボトミー手術のもつ過去の影と危険なアスベスト処理という現在の闇が交錯し作品を陰鬱なものに仕上げていました

作中で彼らを追い詰めたのは患者の怨念かゴーストなのか本来内に秘めていた自分自身の狂気だったのかそれすら明記されずないまぜになって泥沼に沈んでいくような空気
じょじょに明らかになっていく過去と現在の犯罪
実は私のNo.1ホラーだったりします

そこに呪いがあったのか、ただの妄執であるのか
誰にもどこにも正解がない感じがまた良かったりするのです
怖すぎる廃墟ベスト10にランキングされたり心霊スポットとしても名をはせた場所の忌まわしい空気が映像を通して感じられます
ここまで場所が怖いと思わせる作品もめずらしいのではないでしょうか?
人も場所も過去も捻じ曲がったような陰鬱なホラーです

備考: 1949年ロボトミー考案者のモニスは医学生理学賞を受賞しますが、1989年ロボトミー被害者の家族らのネットワークが結成されモニスのノーベル賞剥奪請願運動が続けられています。ノーベル財団側はこれを拒否。いろいろな背景がありますがやはり映画より現実の方が恐怖にあふれてますね
Category : 映画

サイレントヒル(2006 日・米・加・仏)★★★

Posted by シシィ on 20.2015 0 コメント 0 トラックバック
監督 クリストフ・ガンズ
出演 ラダ・ミッチェル

ローズとクリストファーの夫婦は愛すべき養女シャロンが見せる奇行に悩んでいた。「サイレントヒル」と繰り返しながら、さまようシャロン。病院での治療も改善の兆しは無く、ゴーストタウンサイトで「サイレントヒル」が実在する街だと知ったローズはシャロンとともにそこに向う

サイレントヒル スペシャル・プライス版 [DVD]サイレントヒル スペシャル・プライス版 [DVD]
(2013/07/02)
ラダ・ミッチェル、ローリー・ホールデン 他

商品詳細を見る

私の愛すべきゲーム「サイレントヒル」の映画!
白い霧の街を恐々踏み出したのが昨日のことのように思い返されます
最初は1歩踏み出すのも怖かったの私なのに、最後には明かりもつけずに暗闇の中笑いながら鉄パイプ(日本刀を拾った後でも鉄パイプ!)を振り回すようになっていた名作「サイレントヒル」

観終わった後、B級ホラーの「ファンタズム」を何故か思い出してしまって、自分でもとまどいました
似てないのにどっか私の受けたイメージがちょこっとだけ雰囲気とか似てるのかなぁ
ゲームをベースにしながらハリウッドが別のアレッサ事件とラストを用意したせいで「リング」同様恐さ半減、悲しさ半減、切なさ半減、そして矛盾が倍増ということをやらかしてました
ゲームを知らない人はゲームならではの展開に、ゲームをした人は原作との比較で劣るトコロにしらけてしまうかもしれません
だが、私は楽しかった!
監督が私の好きな「ジェヴォーダンの獣」を撮った人なので無駄にキレイな画だろうと思っていたらその通り!
そこにはもうひとつの「サイレントヒル」が確かに顕在していて、白き世界と昏き世界の対比
音楽も映像も美しく、見るもおぞましいクリーチャー、錆と血の空間にひたりきることが出来たので大満足です
ゲームのシーンも再現されているし、シナリオさえ気にしなければファンにはいいんじゃないかなー?                       

ただ、監督及びスタッフがどれだけ「サイレントヒル」本来を理解していたかに疑問が残る部分も
主人公が何故父から母になっているのか?
この変更点のせいで、主人公の行動原理に納得出来ないトコロがいくつか出てきます
何故サイレントヒルを訪れたか?
この最初の部分が納得出来るか出来ないかで、観客の心証も違うと思うのです

全編通して、この映画「母性」がテーマとして設けられているせいか、やたら母、母言っているのも気になります
おかげで、父親不在のストーリー展開、ていうか女ばっかり出てますが!
陰陽思想で男を陽のあたる「現実」、女が陰の「虚構」の世界を担当とかまで狙ったわけではないだろうけど

そしてもう一つのテーマが「狂気」
人の狂気に重きを置いたが故、原作と違うものになってしまったのでは?と思うほど生きた人による、妄信、正義の面をした狂気を前面に出していました
イジメと虐待と異端排除の人々
果たして、教会の内と外、ほんとうに闇を抱えていたのはどちらだったのか?
聖母の様に慈愛に満ちた表情を持つクリスタベラの狂気がどこから来たのかその辺の背景に触れていなかったのはとても残念でした

観客に先の予想をさせるのも許さない展開の速さと死を教会に招きいれる方法も斬新で、死の恐怖や罪の具現がクリーチャーとして動き回り、この世界をもっと見ていたいという気にさせてくれてその部分は大成功
ただダークナースはゲームに忠実とはいえ、「男の欲望の具現」だろ!っと突っ込んでおきましょう!
あそこで笑った人は多いはず!

エンディングに「はあ?」っとなる人も中にはいるでしょうが心配御無用。「サイレントヒル」なのできっと後3周ぐらいすれば味方が死ぬことなくクリア出来てハッピーエンドを迎えたり最後には空から・・・あんなのが・・・
つまりは満足したかったらゲームをしろと、そういうことなのでした!
まあ、それはおいといてゲームの映画化としては他の追随を許さない出来だったのではないでしょうか?
Category : 映画

クッキー・フォーチュン(1999 米)★★★

Posted by シシィ on 20.2015 0 コメント 0 トラックバック
監督 ロバート・アルトマン
出演 グレン・グローズ

小さな田舎町で、老女が自殺をした。死体を発見した姪のカミールは「自殺なんて我が家の恥」と妹のコーラと二人で強盗殺人の偽装工作をする

クッキー・フォーチュン [DVD]クッキー・フォーチュン [DVD]
(2000/09/08)
リヴ・タイラー、グレン・クローズ 他

商品詳細を見る

いつまでも忘れられない1本です
題名見て中華街でみかける「おみくじクッキー(フォーチュンクッキー)」の話かと思ってましたが、実は「クッキー・フォーチュン」は自殺したお婆さんの名前でした
作中クッキーの登場時間は少ないのに、すごく印象的

退屈な人達にも秘密があるかも?
イースターエッグを探すように隠されたモノをさぐる復活祭の数日
おみくじクッキーさながら一人の老女の死が吉とでるか凶とでるのか?

クッキーの自殺に対して偏執的なクリスチャンのカミールは信仰ゆえではなく、体裁の為に殺人の偽装工作をするように私には見えたんだけど、罪の意識がまったくないところが現実にもありえそうで怖い
ほのぼのとした田舎の生活の中で起きた自殺をとりまく群集劇

コメディなんだけど後半からラストにかけての追い込みがブラックで引き込まれます
でも最初の30分ぐらいは「これはどうしたことか?」と頭をひねる退屈ぶりでした
終わりまで見るとその退屈さがいい味を出しているとも思えるんだけど、そこを我慢出来るかが問題かも?

単純な田舎の人という印象からどんどん奥深くなって、目が離せなくなります
俳優、空気、ストーリー、演出どれもバランスがとれていて映画としての完成度がとても高くおもしろかったです
特に女優達がみんなキュートで、エキセントリック
この作品でジュリアン・ムーアに惚れこみました

「サロメ」を演出し「殺人」を演出し、「妹」を演出したカミールはすべてを支配出来るのか?
事件にもならない平和な町で起こった自殺をカミールと言う狂気が演出したことで「クッキー・フォーチュン」という舞台が始まります
アルトマンに脱帽
すごいですこれぞ映画という感じ
Category : 映画

ゾディアック(2007 米)★

Posted by シシィ on 19.2015 0 コメント 0 トラックバック
監督 デヴィッド・フィンチャー
出演 ジェイク・ジレンホール

1969年独立記念日、カリフォルニア州でドライブ中の若いカップルが銃撃される。警察に通報したのは犯人自身で、その一ヵ月後新聞社に犯人から2件の殺人の声明文と暗号が送られ新聞の一面に載せなければ大量殺人を決行すると書かれていた

ゾディアック 特別版 [DVD]ゾディアック 特別版 [DVD]
(2007/11/02)
ジェイク・ギレンホール.マーク・ラファロ.ロバート・ダウニーJr.アンソニー・エドワーズ

商品詳細を見る


ゾディアックは犯人が名乗った名前で、意味は星座の黄道12宮のこと
心構えがないとラストで「えっ・・・?」と呆然としてしまう
フィクションだと思ってみてたので、犯人がわかると思ってたんですが、これ実際にあった未解決事件の映画化だったとは・・・
拍子抜けしました

ゾディアック事件を知っていればグンと観る角度が変わるのですが、犯人と動機という推理モノに不可欠なフーダニット、ホワイダニットが欠落しているので普通に観てると肩透かしを食らわされるのはいたしかたないですね
ジャック・ザ・リパーとかジェヴォーダン等も未解決事件でも映画になると作品毎に犯人がちゃんと用意されたのですがこの「ゾディアック事件」自体がまだ近年のものなのでそれも無理だったのかも

まあ、そんな感じですが全編に渡ってすごく丁寧に詳細に作りこまれています
地味ながらひとつずつが繋がっていて、観客は犯人を追う立場の焦りや思考を追体験出来ます
どんな犯罪でもそうかもしれませんが、殺された人間だけでなく、直接的に間接的に事件に関わった人々とその家族も被害者であるということがよく描かれてました

幸せな人生を送れたはずが、事件のせいで少しずつ歯車がズレて狂わされていく過程に、遅効性の毒が回っていくような密閉した息苦しさを感じるのはさすがのデヴィッド・フィンチャー作品
ラストがなんだと書きましたが、未解決という後味の悪い部分がある種のスパイスであることも否めません
37人を殺したと書いた手紙を最後に消えたゾディアック
彼が誰かわからない

現実の事件が骨だとすると、この映画は肉なのです
古い骨に緻密な肉付けをして、体を整えると観客の中でゾディアックが呼吸をしだす
見終わった後これは作り事でなく実際に起きたことで、この続きは今なのだと映画と現実がリンクする
この怖さはなかなかよかったです
Category : 映画

ミート・オブ・ザ・デッド(2004 愛)★★

Posted by シシィ on 16.2015 0 コメント 0 トラックバック
監督 コナー・マクマホン
出演 マリアン・アラージョ

アイルランドの片田舎を車で旅行をしていたマーティンとヘレナは一人の男をひき殺してしまう。死体を後部座席に乗せて運転を再開するが、その死体は動き出しマーティンに襲い掛かってきた。ヘレナは助けを呼ぶために農家へと走るが・・・

ミート・オブ・ザ・デッド [DVD]ミート・オブ・ザ・デッド [DVD]
(2006/02/03)
マリアン・アラージョ、デビッド・マラード 他

商品詳細を見る


肉ですね肉
原題は「DEAD MEAT」死んだ肉だけあって腐臭がプンプン匂いやがる!B級臭がいたします
この映画でのゾンビ蔓延の原因はBSEの変型種の牛
この牛に噛まれるとゾンビになるぞ!!!
なんという発想!さすが国の主産業が酪農畜産だけあるアイルランドです!
外食産業が盛んな日本なら狂牛病の肉を使った吉○家の牛丼を食べたらゾンビになんてどうでしょうかね?
そういうことではない?

まあ牛はあまり活躍しなくて後は普通にゾンビ物なんだけど、低予算が功を奏して主人公ヘレナのゾンビバトルが素晴らしい!
壁に刺さってる釘引っこ抜いて反撃(ダメージ小)、ナイフ(ダメージ小)、ハイヒール(ダメージ大)、やかん(ダメージ??)
ん?やかん?やかんでゾンビから逃げようとしましたよ主人公!!
このシーンで感動してしまった私はもうこの後がどんなにグダグダになろうともこの作品一級のゾンビ映画になりました
まあ、例により人に勧めたりはしませんあくまで私の中での話ですから・・・

「ショーン・オブ・ザ・デッド」でレコード投げてゾンビやっつけるのも良かったけど、やかんのが地に足ついてるよね
絶対人間パニくったらやかん使うって!
次はなんだ~と思ったら史上初、掃除機で撃退(効果は絶大だ!)
掃除機!掃除機!どのご家庭にも一台完備!
掃除機でゾンビの目玉を吸い出したよ!!すごい!この監督すごいよ!

ロメロの「ナイト・オブ・ザ・デッド」へのオマージュも満載でこの監督のゾンビ愛がわかるというもの
広がる草原と林、点在する農家、美しいアイルランドの自然に抱かれるゾンビ達
大変牧歌的で美しいですが後半は夜になってしまうので主人公達がどこで何をやっているかもなんだか見えなくなってしまいます
画面が暗いよ!

そういえば、冒頭で車でゾンビ男を轢いてしまうんですが、その原因はよそ見運転
運転手が助手席のヘレナの方を向いていたせいで巻き込まれたんですね
「ディセント」でも悲劇の幕開けはよそ見運転でしたから、みなさまお気を付け下さい
目を見て話をしたり物を渡す時は車に乗ってない時にしましょう!
じゃないとゾンビに襲われたり、地下生物に食べられても文句言えないよ!

さていろんな小道具でゾンビに対抗するこの映画における最強武器はスコップ!
うん、日本刀と違って血糊が付いても切れ味かわんないしね
ばったばったとなぎ倒して参ります
このスコップマスターは墓堀人のデズモンド
さすがにスコップの扱いに長けている!!
知人がゾンビになって死体を食べているのを見て「アホか」の一言!大変cool!

なんかこの映画に出てくるゾンビはちょっと変わってて食事中に人間を見かけても「ん~?」という感じで死体の方に目を戻してしまうし、なんかおとなしいのはやっぱり原因が牛だから?
動かないなぁと見てみると立ったままゾンビが眠っている!!!!

そして闇を切り裂く低い鳴き声はモー!
牛だよ牛!!
牛ゾンビ最強!

いや笑わせていただきました
配給会社は我らがアルバトロス
ほんとアルバトロスの作品のチョイスにはいつも脱帽!
B級クソ映画だけど、そこにはゾンビの愛とおもしろさが隠れている!
地雷を踏んでもいいゾンビファンは観るべし!
Category : 映画

オーメン666(2006 米)★

Posted by シシィ on 16.2015 0 コメント 0 トラックバック
監督 ジョン・ムーア
出演 リーヴ・シュレイバー

6月6日6時、イタリアの病院の廊下で外交官のロバートは妻の出産を待っていたが、子供は死産。医師の勧めで同時刻に生まれた引き取り手のない赤子を実子としてひきとることとなる

オーメン666 [DVD]オーメン666 [DVD]
(2007/04/18)
リーヴ・シュレイバー、ジュリア・スタイルズ 他

商品詳細を見る

ホラー映画の金字塔30年ぶりの完全リメイクだそうです
この時代のホラーは今見ても怖いです。理不尽で不気味でなんとも言えない絶望感が漂っていたのですが、リメイクは今の映像技術のせいか怖さ激減

妊娠を恐怖とした「ローズマリーの赤ちゃん」(ミア・ファロー主演)のように子供を恐怖対象にした「オーメン」なんだけど、リメイクでは普通の子供じゃんってシーンが多すぎなせいか、悪魔の子で恐怖の象徴という記号として描かれなければならないダミアンがそのへんの子供に見えてしまうので、もしかしたらダミアンは母の愛に飢えたかわいそうな子供で、出生のせいで不運な思いをしている哀れな存在であるとミスリードしてしまいそうなのがちょっと怖い

この作品は作家のエドワード・ゴーリーが「うろんな客」で描いた子供という不気味な存在を描いたように(もちろんそれだけの話ではないですが)子供の持つ無邪気な悪や大人には理解し得ない無慈悲さを前面に出したものだと私は思うのでリメイクははずした感が拭えなかったです

ダミアンも父親も配役的に弱いけど母親役のジュリア・スタイルズはそのふっくらした風貌が宗教画を思わせてアンチキリストとの対比にいいなと思いました
セカンドナニーのミア・ファローは演技怖い!!
どっかいっちゃってそうな感じがとても良かったです
当時のホラー映画の怖さを唯一今作に持ち込むのに成功した感じ

オリジナルを超えることはなく、未見の人が、もしリメイクとどちらを観ようかと悩んでいたらオリジナルを選べ!と言わざるを得ないけれど、赤を象徴とした映像はとてもきれいなので観ても損はしない
だけどオリジナルの不気味さを是非味わって欲しいトコロ

ところでこの話、父親に後始末させんなよ!!だよね?
バチカンとか何してるの?
大風呂敷を広げてる割に個人に判断を委ねてしまってるのが私としては不満
忠実リメイクより、新しい要素もいれてほしかったなぁ

語られなかったエピソードやサイドストーリーを織り込んであるわけでもないので、リメイクの必要がいまいちわからないし、すっきりとした作品に仕上がってしまった今作だけを観て「なんだオーメンってこんなもの?」とか思われたらちょっと残念なものです
っていってもオリジナルだからって「オーメン最後の闘争」とかダメダメなの観たらもっと残念なんだけどね
あれもどうしちゃったんだよダミアーンだったもんな
リメイクとか続編とかはなかなか本家を超えられないよね
Category : 映画

レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語(2005年 米)★

Posted by シシィ on 14.2015 0 コメント 0 トラックバック
監督 ブラッド・シルバーリング
原作 レモニー・スニケット
出演 ジム・キャリー メリル・ストリープ

火事で両親をなくしたボートレート3姉弟の後見人に選出されたのは、貧乏伯爵オラフ。莫大な遺産目当てに伯爵から命を狙われる3人は知恵と勇気で策略から切り抜けていく

レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語スペシャル・エディション [DVD]レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語スペシャル・エディション [DVD]
(2005/09/16)
ジム・キャリー、ジュード・ロウ 他

商品詳細を見る

世界で40言語に翻訳され、3000万部を突破した小説の映画化
画面を観ていて思い出したのは「モモ」(1986年西独・伊)と「バロン」(1989年英)の2作品なのだけど似た雰囲気ながら明らかにファンタジーとして本作品は失敗している
現実にはない作られた映像と街並みに、なにが起こってもおかしくない画面の中で次々と描かれる出来事
ファンタジー映画を観ていて楽しいのは何が起こるかわからないからであって何が起こっても当然と観客に思わせてしまうことではない
その点が上記2作品と本作品に大きな違いをもたらしてしまっていた

緊張感を出しているだろう場面でもまったく観客は、はらはらしない
映画として原作を消化することなくエピソードだけをコンパクトにまとめてしまい、せっかくの上質の素材が、料理を知らない人にぞんざいな扱いを受けているようです
セットは秀逸、映像はきれいだし役者は揃っている(ていうか豪華すぎ)し、エピーソードひとつずつは出来が良いだけに、もう少し丁寧に時間をかけてスパイスさえ効かしてくれれば素晴らしい映画になったに違いない・・・
映画じゃなくTVシリーズにしていたら成功したかも?

ただ、この映画で感嘆したのは伯爵の悪事が明るみに出た時の
 「怪物はお前たちだ。子供たちが助けを求めた時にお前達は何をしていた」
というセリフは犯罪や虐待において現実にみられるものであり、胸にせまるものがありました
この場面だけでも観て良かったと思わせるセリフです

原作いいんだろうなー
不幸すぎて読むのをやめられないってどんな小説だよ!
S.キングの好きな私でも怖くて読めませんです
不幸と恐怖は違うからね
Category : 映画
HOME 

目次

最新記事

評価は★で3段階
★★★…とてもとても気に入って、
    何度も観たいよ!!
    肩を揺さぶってこの良さを
    語りたいよ!
 ★★…いい作品。でも最高ー!って
    叫んで駆け出したくなるほどでは
    ないよ
  ★…まあ良かったかも?観て後悔は
    しないと思うかも?
星ナシ…時間の無駄、いやむしろお金
    もらわないと割に
    合わないんじゃ?いやいや
    待ってそんな作品中々ないから
    やっぱり見てもいいのかもよ?
西暦は作品が発表された年になっています
日本での公開年ではありませんのでお気を付けください

カテゴリ

プロフィール

シシィ

Author:シシィ
B級ホラー映画とかネトゲとか
ジャパレゲとかゴスメタが好き
あとインコが好き

月別アーカイブ

最新コメント

カウンター

LINK

まいぺーす
るみちゃんののんびりブログ

つぶやき

お気軽にフォロー下さい(o'v'o)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

検索フォーム

ぐりむす

ブログで苗を育てて大木になると
現実に1本植林されるブログパーツ

終日終夜名義で現在4本モンゴルに
植林されています

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

Copyright © 終日終夜 ヒモスガラヨモスガラ All Rights Reserved.
Template by:MysticDiary
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。