FC2ブログ

スポンサーサイト

Posted by シシィ on --.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナイト・オブ・ザ・リビングデッド デジタル修復版(1968 米)★★★

Posted by シシィ on 31.2014 0 コメント 0 トラックバック
監督 ジョージ・A・ロメロ
出演 ジュディス・オディア

亡き父の墓参りにきた兄妹は不審な男に突然襲われる。なんとか一軒屋に逃げ切った妹だったが、家の周りには何人もの生ける屍が集まってきていた

ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド スペシャル・エディション [DVD]ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド スペシャル・エディション [DVD]
(2005/12/23)
ジュディス・オディア、デュアン・ジョーンズ 他

商品詳細を見る

ロメロのゾンビ伝説第一弾!
白黒です!今出回っているゾンビの基礎(噛まれると感染、脳の破壊により活動停止など)を作り上げた偉大な一作

今の映画に慣れてしまっているのでちょっと演出とか映像のスピード感が物足りない気がして、最初は退屈させられますが、そこはロメロ。途中から楽しくなって参ります

ゾンビゾンビと言ってもロメロなのでやっぱり主軸は人間模様
一軒屋に立てこもった人々のエゴや愛、弱さを描いていて悲鳴を上げるだけのホラーになっていないのがいい
女性の描かれ方も非常に時代的で興味深く観れるし、一粒で何度も楽しめる作品です
そして欠かせない人喰いシーン
やはりおいしそうっていうか大事にそうに臓物を食べてるゾンビもいてちょっとほほえましく感じることも

時代から見て今より人種差別が深かった頃なので一緒に篭城した人々は考え方の違いでの対立のみでなく、共通の敵を前にしながら黒人と白人はお互いに心を許せはしなかったのでは?
ただ泣くだけの足手まといな女や、夫を信頼出来ない妻
この映画を観ると、一緒に危機に陥る相手は自分で選びたいものだと切に願ってしまいます

ナイトには最終版も出てますがこちらはロメロは係っていないので、まあ修復版の方がタイトに仕上がってていいかも?
ちなみに1990年のカラー・ステレオ版 リメイク「ナイト・オブ・ザ・デッド/死霊創世記」の方は単にカラーじゃなくて内容もロメロによってアレンジされてます
とりあえず話は白黒で観てからだ!
スポンサーサイト
Category : 映画

フォレスト・オブ・ザ・デッド(2005 米)★★

Posted by シシィ on 30.2014 0 コメント 0 トラックバック
監督 カール・ベッセ
出演 ポール・キャンベル

森林伐採の多国籍企業が植林の成長を促す薬品を使い利潤を求めるが、その樹液を介して人がゾンビへと変異してしまう

フォレスト・オブ・ザ・デッド [DVD]フォレスト・オブ・ザ・デッド [DVD]
(2006/04/05)
ポール・キャンベル、サラ・リンド 他

商品詳細を見る

環境問題もメジャーになってゾンビ映画に進出!キャッチコピーは「木、切るな!」
ゾン流エコロジー・ホラーだそうです!なにこの力技なコピー!
どんな!っと思ってみたら以外にちゃんとしたゾンビホラー

森林伐採の業者を自然保護団体が阻むシーンから始まるんだけど、車で取り囲むは木に鎖で自分を縛り付けて作業の邪魔をするは、自然破壊をする企業のエゴ、自然保護を掲げつつ度の過ぎた正義を振りかざす団体行為の愚かさを映し出していてゾンビよりよっぽど人間のが怖いんじゃ?と思わせてくれます

見所のvsゾンビは、斧、チェーンソー、小型重機とかですが爽快感はイマイチ
森の中で環境団体と作業員だけじゃゾンビになる人数も限られているので大量ゾンビ発生は不可能なはずなのに、広大な森の行く先々でポイント抑えて出てくるゾンビ達は人間の臭いでも追っているのか、待ち伏せでもしてるのかという不自然さ。エンカウント率高すぎ!

ところでこの作品のゾンビ化は史上最速かもしれません
ものすごい速さでゾンビ液が体中に回る模様・・・
感染したら即ゾンビ!でも歩くのはモタモタモタモタ

この映画ではゾンビはあくまで飾りで、人間性に重視している感じ
大事な人をゾンビという形で奪われる人達
企業の為に息子を見殺しにしたり、追い詰められても菜食主義なのでハムの入ったサンドイッチは食べない!という愚かしさとか人の狂気をうまく描いています
ところどころに人とは愚かしい生き物であることを挟みながらモタモタゾンビと追いかけっこ
特に後半、別の作業員グループと合流すると映画が一気に世紀末感漂う無法者の村みたいになってこれはすごい良かった
もうまるで別の映画の雰囲気
なかなかやるじゃん!このあとどうするの?というトコであれれ?
この映画ラストを投げた!!!!

うーん、投げっぷりに頭をかかえますが駄作の多いゾンビ映画の中では良作に入る方だと思います
Category : 映画

ねんまついちば

Posted by シシィ on 30.2014 0 コメント 0 トラックバック
今年も後二日!!
年末っていったら市場だよね!
あの喧騒が大好きなので行ってきました!
141230_1000~01

まぐろ解体ショーとかいろいろイベントもあって集客努力してるんだなーってかんじ
レジがなくて個人でも手書きで納品書+ソロバンだったりで個人客ずらりで各店わたわたしてました

        141230_0954~02

カフェとかマサラダとかタコスとかいろんな屋台も出ててお祭り気分!
年配の方ばっかりかな?って思ったけどいろんな年齢の人が楽しめるようになってるんだなー
わいわいがやがや活気の中にいると一年終わるんだなって感慨深い

141230_0847~02

感慨深いというと母はガーデニングが好きで玄関前庭裏庭、家の中まで植木だらけなんだけど、実家の玄関先にお正月用に萌え葉ボタンがあってびっくりしました!
葉ボタンにきらきらラメがついててきれいなんだけど、そのイラストタグはぶっ刺さなくてもいいんじゃないかな・・・



Category : 日々雑感

感染創世記(2010 加)★

Posted by シシィ on 29.2014 0 コメント 0 トラックバック
監督 リース・イヴネッシェン
出演 エミリー・アラタロ

ゾンビが世界中に蔓延してから7ヶ月後、元ジャーナリストでドキュメンタリー映像作家のジュリアンは市民で構成された北米でもっとも悪名の高い対ゾンビ集団「the deadheads」の密着取材をするため危険地帯に赴く

感染創世記 [DVD]    原題:DEAD GENESIS感染創世記 [DVD] 原題:DEAD GENESIS
(2012/01/25)
エミリー・アラトロ、ライオネル・ボードラル 他

商品詳細を見る

創世記と名を打ちながらとてもミニマムで地味なお話
生き残った人々は絶望しながらも、なんやかんやでTVが見れるぐらいには復旧
そうするとゾンビで番組を作りたいっていうのはわからなくもない訳です

ゾンビ世界で市民がゾンビを狩るのは正当か否か?
どういう思惑でそんな集団が出来ているのか
自衛集団に密着してインタビューすることで、集団から個へ解きほぐしていきます
いつでも人の考えは千差万別。個人個人がいろいろな主張を唱えまたは口をつぐむ
そこにはゾンビへの遺恨から快楽、さまざまなものがあり崩壊した世界と同じく混沌としているのだ

ゾンビではなくそこで闘う人間にスポットを当てているのでどこまでも地味です
ゾンビの造詣も良く出来ているのに対し、まったく怖くないしゾンビの恐怖とは数の恐怖であるということを冷静に描いてくれているのですが、かえってそれが面白さを削いでしまった気がします
もっとスピード感あふれる作りにすることも出来たのでは?と思いますが、主人公が進行形で撮っている編集前の映像という意味もあってわざと間延び感を出しているのかも

ゾンビに襲われるスリルも特に無く、アクションシーンもほぼ無くみんなで森をうろうろするだけなのですがインタビューで語られる内容やゾンビの扱われ方、それらが独特な雰囲気を醸し出していてなんともいい味になっています
ホラーでもスプラッターでもないし、山場と言えるところも無いのでゾンビ世界の人間観察記みたいな淡々とした作品なのでゾンビ好きというよりはゾンビがいる終末世界観が好きな人向けかな

美辞麗句やきれいごとをとっぱらって、映像越しではなくフェンス越しでもなくゾンビに向き合い、命をやりとりして初めてあの現実の世界に触れることが出来るのかなと思いました

ニーチェの「怪物と戦う者は自らも怪物とならないように気を付けねばならない。深淵を覗く時、深淵もまたこちらを見ているのだ」という言葉がありますが、安穏とした日常から離れて、ゾンビがいる狂気の現実を覗くことにより、ラストでは主人公の心の一部もそうなってしまったような面持ちになっていたのがなかなか一興
Category : 映画

メメント(2000 米)★★★

Posted by シシィ on 29.2014 0 コメント 0 トラックバック
監督 クリストファー・ノーラン
出演 ガイ・ピアーズ

妻をレイプされ殺されたレナードは自身もその時受けた衝撃で前向性健忘症という記憶障害に陥ってしまう。10分しか記憶を保つことが出来ない彼は自分の体に手がかりを刻み込みながら犯人を追っていく

メメント [DVD]メメント [DVD]
(2002/05/22)
ガイ・ピアース、キャリー=アン・モス 他

商品詳細を見る

とても面白かったです
ワンシーンたりとも見逃さないために緊張を強いられる作品ですがそれも楽しい
観客は最初に記憶障害という主人公と同じ立場に立ちながら、映画が進むにつれて情報量が蓄積されエピソードを繋ぐ作業を主人公のかわりにこなしていき、そして物語の発端であり映画のラストを迎える

妻を愛し犯人を追うことだけに意味を見出す主人公
記憶障害の彼を利用する人々
すべてがやるせなく物悲しくやりきれない

娼婦を雇い、妻の遺品を並べ眠る彼をおいて音を立てて扉から出て行かせる行為に胸を締め付けられました
娼婦が出て行く音を聞き目を覚ました彼には娼婦を雇った記憶はなく、ベットに残されたぬくもりは妻のものであり、今しがた妻が目を覚まし部屋から出て行った。どうせすぐに戻ってくるだろうという安堵に満たされ再び眠りに落ちるという幸せの追体験

斬新な作りですが、そこにあるのは自分の記憶さえ自分自身で騙してしまう妻への愛というシンプルなテーマが胸にきます
彼の妻への愛は記憶障害によって、生きている人間には得難い永遠の愛に昇華されたというのも皮肉な考え方かな?

『メメント』とは記憶を指していますが、形見、遺品の意味ももち、ラテン語だと「忘るることなかれ」って感じ?
この映画にはぴったりの題名
別れた恋人との思い出とか抱えてる人にはさらにずっしりくるんじゃないかな
思い出は美しく現実は耐え難いほどに苦痛に満ちている
すごい作品でした
Category : 映画

スターシップトゥルーパーズ2(2004 米)★

Posted by シシィ on 29.2014 0 コメント 0 トラックバック
監督 フィル・ティペット
原作 ロバート・A/ハインライン                                                        出演 ビリー・ブラウン

前作から7年後。人類は昆虫型生物バグズと凄惨な戦いを続けていた。地球連邦軍の一中隊は辺境の惑星でバグズに追い詰められ廃墟と化した前線基地へと逃げ込むことになる


スターシップ・トゥルーパーズ 2 コレクターズ・エディション [DVD]スターシップ・トゥルーパーズ 2 コレクターズ・エディション [DVD]
(2004/11/03)
リチャード・バージ、エド・ローター 他

商品詳細を見る

あーーっ金がありません!時間もありません!でもでも作りたい!
そんなスタッフで作られたこの作品、製作中の話は涙を誘うものでした
前作の100億以上かかった映像とは違って制作費1/20、アメリカではTV放送でしたよ!
日本では劇場公開されたみたいだけど大変なしょぼさです
それでも許せるのは私がB級ホラーマニアだからだ・・・

まあ、どこにでもありがちなエイリアン密室劇
B級らしく無意味に脱いだり押し倒したりしてます(いつもどおり虫が!)
まあ虫戦争のうちの一角を切り取って単体に仕上げたものなので、前作がメインならこちらは色モノになるしかないっていうのもわかんないわけでもない
この調子でシリーズ化してくれると嬉しいんだけどなー
だけど酷評の嵐、まあ出来が出来なので・・・

酷い出来なのはわかるけどそれでも楽しかったです!
レイク軍曹役のブレンダ・ストロングが反撃に出るとこなんて最高だー!
この映画、結局のとこ女は怖くて強いよって流れになってるのが笑えました!
「遊星からの物体X」が好きなら亜流として観て見るのもいいかも?
古い昔のSFホラー臭の漂う作品でした

おまけ:監督のフィル・ティペットはこの映画が初作品らしいです
この人の評価は他の作品のVFXでしてあげて下さい
VFXの名匠も監督にまわると・・・うーん
Category : 映画

クリスマスマーケット

Posted by シシィ on 29.2014 0 コメント 0 トラックバック
お休みの日にクリスマスマーケットに行って来ました!

141223_1428~01

クリスマス専門のカフェやお土産屋さんがいっぱいでめっちゃたのしー!
ちっちゃいメリーゴーラウンドもあったよ

寒かったのでマグカップ付きホットカルーアミルクを購入
おいしー!
141223_1427~01  141223_1431~01

あったかくて甘くてアルコールでぽかぽか!
ただ一口ごとに生クリームのヒゲがつくのが難でした
ムール貝食べたりチュロス食べたりBGMはクリスマスソング聞きながらグッズを見たりで酔いも手伝ってふわふわな気分に
141223_1438~01
サンタさんとの撮影会もありました!
来年もあったらいっちゃおーと
Category : 日々雑感

ゾンゲリア(1981 米)★★★

Posted by シシィ on 27.2014 0 コメント 0 トラックバック
監督 ゲイリー・A.シャーマン
出演 ジェイムズ・ファレンティーノ

テキサスの小さな村ボッターズ・ブラフで旅行者のカメラマンが、ガソリンをかけられて生きたまま燃やされる事件が起きた
黒焦げだがまだ息のある被害者の回復を待ちつつ保安官のダンは調査を始めるが、カメラマンは病室で何者かに殺されてしまう

ゾンゲリア [DVD]ゾンゲリア [DVD]
(2002/02/22)
ジェームズ・ファレンティーノ、メロディ・アンダーソン 他

商品詳細を見る


素晴らしい!
何故今まで見てなかったのか自分を責めたくなる良質のゾンビ映画
キワモノな題名+昔の作品と言うことで観る機会がなかったのですが思いもしない出来でした

こんな古い映画なのに、最近のホラーなんて足元に及ばないほど怖い
人間キャンプファイヤーやら眼球注射やら硫酸ぶちこみやら手加減なし
追い詰め方も怖すぎる
なんだろう?こんなことされたら怖いと思うことがそのままされてる感じ

命乞いして泣き叫びたいのに「笑え!」って鬼畜すぎ!
素晴らしい非道さ、残忍さ、そして絶望感
事件に迫る保安官と共に観客は不気味さを、被害者と共に恐怖を味わいながら秘密に迫っていく

古さはあるものの当時の女優の美しさがまた見所
今ではこんな雰囲気では撮れないんだろうな
古臭さがまたスパイスとなって怖さを引き立ててくれています

サスペンス色が濃く、シリアスで怖いのに、つまるところゾンビは死なーない病気もなんにもない♪って感じで世界はハッピーだったのでした!
脱帽とはこのこと!
大変面白かったです
Category : 映画

めりくり

Posted by シシィ on 27.2014 0 コメント 0 トラックバック
141221_1038~01メリークリスマスですといいながら大掃除の合間に書いてますししぃです(o'ω'o)
今年は2回クリスマスパーティーをしてそれのどっちも料理つくったのでTwitterにも書いたけどこちらにもメモがわりにUPUP

21日に10人でポットラックパーティで私は副菜係りでした
5品用意
マグロを湯引きして煮きり醤油で漬け込んだヅケとアボガドのサラダ
蒸しナスとツナのゴママヨサラダ
ジャガイモとミートペンネのミルフィーユグラタン
フェイククラブサラダ
シャケゴマおかかおにぎり
どれも好評でうれしかった!


141224_1909~01イブはおうちでクリスマスしたのでこちらも自作

前菜にスモークサーモンのサラダ、鴨ハムとチェダーチーズ、エビのオイル煮にローストポーク
塩パンとワイン、デザートのシュトーレンは買ってきました!
クリスマスシーズンは一年で一番わくわくして好き

今年はちょっと飾りつけとか手抜きしちゃったけど来年は体調も整えてちゃんと飾りたいなー!

もう後今年もちょっとで終わり
一年はやーい!
Category : 日々雑感

LOST FINAL SEASON★★★

Posted by シシィ on 27.2014 0 コメント 0 トラックバック
Season6です
最終話です
やっとこ見終わったLOSTなのですが感想を文章に起こすのがすごく難しくて保留にしてましたが、何年も見続けたドラマは初めてだし、私にとってすごく良かった物語なのでやっぱり記念に書いておこうかなと
とりあえずネタバレはしちゃうので、まだ観てない人は読まない方が良いかも
というか、読み返したら観てないとさっぱりわからない文でした!すみません!!

Lost: Complete Sixth & Final Season [DVD] [Import]Lost: Complete Sixth & Final Season [DVD] [Import]
(2010/08/24)
Jorge Garcia、Naveen Andrews 他

商品詳細を見る

さすがに物語の終焉だけあって素晴らしい出来でした
LOSTという話は未知の力にあふれた島の謎と、そこに在る人の過去が入り混じって進んできたのですが、最後は登場人物の内面に重心を置いた形になっていました
もちろん島自体については、ある種の決着がついてはいるのですが、ちょっと説明不足な感じなのでその点については不満が出ると思います
ただ、それを補って余りある登場人物達への魂の救済がすばらしい

この物語序盤は、飛行機事故による遭難者達が協力反目しあいながら不思議な島でサバイバルを繰り広げるというもので、島で過ごす彼らはとても魅力的で、その行動力から事故前の生活も快濶で満たされたものだったのだろうと想像してしまう
しかし意外にも彼らの人生はなにがしらの問題を抱えており、お世辞にも成功した人々と言えず脱出すべき島こそ彼らが持てる力を発揮し自分らしく生きていけるという場所になっている
図らずも島を出た6人は結局は自分の意思で島に戻るのだ

そんな人生に受け入れられなかった人達の話なんだけど、Season6では進む物語の時間軸とは別にオーシャニック815便が落ちなかった世界が展開される
その世界ではジャックは子持ちでソーヤは刑事でデズモンドはウィドモアの信頼を得ている
それぞれなにがしらの問題を持ってはいるが墜落した世界と比べるとマシな人生なのである
例えるならそこは抱えたしがらみを解く場所でジャックは父を理解し、ソーヤには寄り添ってくれる友人がいて、ベンは反抗された義理の娘から尊敬され、あまつさえその母親に好意を寄せられる
ロックはここでは父との良好な関係の上での下半身不随で、生来のプライドの高さを改め自身を受け入れていく
みんなが墜落した世界では得られなかったささやかなものを得て、愛すべき人と邂逅して物語がひとつになっていく

毎話ひとりひとりのエピソードが完結するたびに感動して泣いてました
その感動はSeason6だけに拠るものではなく、前のシーズンを、LOSTの膨大なエピソードを噛み締めた人に訪れるカタルシスであり、この長い物語を見続けたご褒美なんだろうな
島の謎や数字の謎はすっきりとはしなくてもLOSTで描かれた人達の報われなかった愛の成就ラッシュというベタで甘々なラブストーリー集になってるけど気にしない!
特にジュリエットとソーヤーのエピがたまりませんでした!!!

罪や後悔により天国へ至る門をくぐれない人々を最終浄化し、聖性を与えるための場所をキリスト教で煉獄と言うのですがSeason6はまさに煉獄の物語であり、そこは時間を超え人々がめぐり合う場所で彼らはすべての罪を赦されて、次へと進んで行くという、なんというかある意味キリスト教的ENDなのでした
LOSTで生きてたみんなが幸せになるエンディング
ずるい終わり方かもしれないけれど私にはとても良かったな

特筆すべきはベンの満たされぶり!
全編に渡りしぶとかった彼ですが、ジェイコブから得られなかったものをヒューゴから得た時のあの表情が忘れられません
DVD特典のエピソードでもいい感じでした
煉獄においてもアレックスと美しいルソーへの未練からあの扉をまだくぐれなさそうなのも微笑ましい
LOSTの影の主役はきっとベンなんだろうな

いいドラマにあえてよかったと思います
この先こんなに長いドラマを観ることはないかも
そして、もうどれだけ待ってもLOSTは終わってしまっていて続きはないんだなと一抹のさみしさを感じますが、ともかく終りを迎えられてほっとしてます
アメドラの非情な打ち切りで好きなドラマの続きを断たれたことがある身としてはそれが一番良かったことかもです!!
Category : 映画
HOME 

目次

最新記事

評価は★で3段階
★★★…とてもとても気に入って、
    何度も観たいよ!!
    肩を揺さぶってこの良さを
    語りたいよ!
 ★★…いい作品。でも最高ー!って
    叫んで駆け出したくなるほどでは
    ないよ
  ★…まあ良かったかも?観て後悔は
    しないと思うかも?
星ナシ…時間の無駄、いやむしろお金
    もらわないと割に
    合わないんじゃ?いやいや
    待ってそんな作品中々ないから
    やっぱり見てもいいのかもよ?
西暦は作品が発表された年になっています
日本での公開年ではありませんのでお気を付けください

カテゴリ

プロフィール

シシィ

Author:シシィ
B級ホラー映画とかネトゲとか
ジャパレゲとかゴスメタが好き
あとインコが好き

月別アーカイブ

最新コメント

カウンター

LINK

まいぺーす
るみちゃんののんびりブログ

つぶやき

お気軽にフォロー下さい(o'v'o)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

検索フォーム

ぐりむす

ブログで苗を育てて大木になると
現実に1本植林されるブログパーツ

終日終夜名義で現在4本モンゴルに
植林されています

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

Copyright © 終日終夜 ヒモスガラヨモスガラ All Rights Reserved.
Template by:MysticDiary
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。